記事一覧

092 ホテル雅叙園東京 百段階段

目黒雅叙園(がじょえん)て2017年4月に改名したみたいですね。『ホテル雅叙園東京』に変わっていました。

東京の結婚式場といえば、『雅叙園』『八芳園(はっぽうえん)』『椿山荘(ちんざんそう)』が老舗として確立されております。

その中で雅叙園は、かぎりなく贅を尽くした造りとして有名ですね。


元は料亭として開業した雅叙園でしたが、現在では結婚式場、ホテル、レストランなどの複合施設になっています。

ある日ネットを見ていると、雅叙園にはアートイベントをしている時があると知り、しかも会場は『百段階段』なる場所で行われているらしい……

聞いただけでそそられる名前。
百段階段は贅を尽くした宴会場の施設ということらしい。普段は予約制で食事と案内がついて、見学ができるようですが、イベントの時は予約しなくても入場料を払えば入れるようです。


しかも2015年から毎年夏に開催されている『和のあかり』展においては、普段禁止されている写真撮影ができるというじゃないですか!

これは行くっきゃないということで2016年夏の和のあかり展に参上したわけであります。

DSC02601.jpg

雅叙園の正面玄関から入ると正面に金魚ちょうちんがお出迎えしてくれました。
カウンターで入場料を払って展示へむかうエレベーターに乗り込みます。

エレベーターからすでに派手。エレベーターガールでなくエレベーターおじさんも乗っていて、到着するまで軽い説明をうけます。
少し歩いていくといきなり百段階段が現れました。

DSC02607.jpg

うおー

先が長いー

そして緩やかに曲がっていく階段!天井には絵!

階段の踊り場それぞれが座敷につながっています。階段の下は多分、谷になっていて、ゆるやかに各部屋をむすんでいるようです。靴は脱いであがります。

百段階段は通称で、目黒雅叙園3号館といいます。1935年に建てられた木造建築で、宴会場7部屋を欅の階段廊下がむすびます。

各部屋はそれぞれ異なったおもむきで造られています。宴会場だった時はどの部屋に振られるかみたいな楽しみもあったでしょうね。

下から順に『十畝(じっぽ)の間』『漁樵(ぎょしょう)の間』『草丘(そうきゅう)の間』『静水(せいすい)の間』『星光(せいこう)の間』『清方(きよかた)の間』『頂上の間』とつづきます。

DSC02664.jpg

こちらは清方の間です。たしか長崎のランタンの展示でした。

扇のモチーフと組子が特徴的な部屋でした。

どの部屋も、天井、欄間、ふすま、床(とこ)、柱、戸、窓、などすべてが意匠をほどこされていました。ひとつとして似た部屋はありません。

DSC02645.jpg

こちらは星光の間。

四季折々の絵が描いてありました。

ひらめはいつの具材なんでしょうか。秋かな……


DSC02638.jpg

階段が分断されているところもあります。右の階段は星光の間へ。左は頂上の間へとつづいていきます。

ほんとに変わったつくりになってますね。

DSC02666.jpg

最終段はなんと99!

100段にはあえてしなかったといわれています。完成しない美みたいなことですね。

DSC02667.jpg

階段の突き当りには風呂場もありました。

豪華な空間で、飲んで喰って、ひとっ風呂あびる、すばらしいー!!


昭和時代の豪勢な遊びを垣間見れる建築でした。




所在地/東京都目黒区下目黒1-8-1
開館日/イベント・見学ツアーによる
開館時間/イベント・見学ツアーによる
所要時間/30~180分
観光度/★★★☆☆
ぶらり度/★★★☆☆
アクセス度/★★★★☆





このたびもまた、支援ポチお待ちいたしております!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村




























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

03

Author:03
きままに全国を巡っています。いつか旅人になるのが夢です。旅の成分として、酒、観光地、建築、美術、食は地のもの、観覧車、神社仏閣、繁華街、色街、温泉あたりが多めです。
移動手段は、車、電車、飛行機、徒歩等何でもつかいます。1人の時もあればみんなで行く時もあります。
散歩の域から長期旅行まで幅広く書いています。

みなさんの旅の指針になったり、街歩き、引越しの目安になったら幸いです。
独断と偏見を交えて書いていますので、思い込みや御門違いなところはご了承下さい。

クリックしてもらえると喜びます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
1562位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
586位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログ