FC2ブログ

記事一覧

0136 鎌倉、ザ・バンク

もうそろそろ日も落ちてきそうな時間になっていました。今回の鎌倉散策の最後にちょっと一杯やっていきましょうか。江ノ電を降りた駅は和田塚駅。なんてことない住宅街の駅です。乗り放題切符の、のりおりくんを活用しています。単線をことことと、江ノ電が去っていきました。和田塚駅を鎌倉駅側の出口から出て、踏切を渡りあとはまっすぐ進むだけです。三叉路の角に、伝説のバーがあります。その名も『ザ・バンク』。アートディレ...

続きを読む

0135 長谷寺

『鎌倉大仏』とセットで廻りたい、『長谷寺』回です。長谷駅と大仏の丁度中間地点にあります。6月にはあじさいの名所とも知られ、かなり混雑します。開創は奈良時代の736年なので、大仏さんよりかなり先輩ですね。長谷観音として親しまれる長谷寺ですが、山の麓にあるので階段を登ります。拝観料を払って、入山するとまずは美しい庭園が広がります。最近、長谷寺のかわいい仏像の画像がよく出回っているのですが、僕は一つしか見つ...

続きを読む

0134 鎌倉大仏殿高徳院

江ノ島駅からみんな大好き江ノ電に乗って、長谷(はせ)駅へ向かいましょう。べたですが、小学生ぶりに『鎌倉大仏』でも見に行きましょうかね。江ノ島駅から腰越駅までは路上を走って行きます。4両編成が路面を走るのは他ではなかなか見られないかもしれませんね。道路幅も狭いので、車もギリギリのところを通過していきます。江ノ島駅から6つ目が長谷駅。長谷駅から大仏までは車道が狭いのに観光客が溢れていて、非常に危険です。...

続きを読む

0133 べんてん丸

『江の島岩屋』を探検した後、また長い階段を登って、江の島の北側まで戻ることになります。またあの急な階段を登るのか……と、思ったあなたに朗報です!実は江の島には『エスカー』と双璧を成す、究極のショートカットが存在するのです。その名も『べんてん丸』。岩屋から戻り、『沖津宮』裏の階段へ向かわずに岩場の方へ行くと、少し奥まったところに船乗り場があります。べんてん丸出ます。というのぼりがあるので見落としのない...

続きを読む

0132 江の島岩屋

『奥津宮』から先は、急な階段を下りていくことになります。このあたりにも飲食店が数軒あります。海鳴りを聴きながら階段を下りると、そこは険しい岩が切り立った崖の下にでます。江の島の北側みたいな穏やかな波ではなく、バシャバシャと岩にぶつかり狂う波です。磯になっているので磯遊びしてる人も多数いました。この先は弧を描くように歩道が整備されており、その終点に『江の島岩屋』の入り口があります。入り口で入場料を払...

続きを読む

0131 江島神社

東京人が、今日暇だからどこか行くか。という時に候補に必ず上がってくるだろう所と言えば?そりゃあもちろん『江の島』でしょう。だって新宿から1時間ちょっとで行けるのですよ。海と言えば江の島くらい、東京に住む者にとってはあたりまえなのです。いわゆる湘南ですね。サザンも言ってます。「江の島が見えてきた。」ってね。というわけでやってきたのは『片瀬江ノ島駅』です。江の島は小田急で。小田急の回し者ではないですが...

続きを読む

0099 銭洗弁財天宇賀福神社

舞台は鎌倉駅西口に移ります。今回鎌倉へきた目的、それは銭洗い。本物の現金を水で洗うと、何倍にも返ってくる。そんな伝説を完全に信じきった僕は『銭洗弁財天宇賀福神社』へ向かうのです。いや、向かわなければならない。僕の財務状況はいつでも破綻寸前なのです。これは神にでもすがらなければ……鎌倉駅西口から徒歩約18分。銭洗弁天まで歩きだと若干遠いですが、タクシー以外の行き方はないです。あえてバスに乗るとすれば、税...

続きを読む

0098 鶴岡八幡宮

いざ鎌倉!というわけで日帰りで鎌倉に行ってきました。鎌倉・江ノ島には毎年1回は行っています。なんといってもぷち旅行するには、もってこいの地域ですからね。僕の中では、1日休みがあって特に行きたい所がない…なんてときには行きがちになるのが鎌倉です。品川から約50分で鎌倉まで行けますから、弾丸で行くにはもってこいの場所です。上野・東京ラインを利用する場合は、戸塚駅で横須賀線に乗換えが便利です。というわけで...

続きを読む

0097 海芝浦駅

超昭和の駅『国道駅』を後にした我々は次の目的地へと進むのです。むしろこっちが今回のメインであります。鶴見線の終着駅の一つ、『海芝浦駅』です。途中三角形のホームを持つ浅野駅で分岐をする鶴見線。運河沿いに走っていきます。新芝浦駅を経て、ついに終着駅である海芝浦駅に到着しました。海。扉が開くとそこは海だった。わりと多くの客がいましたが、皆ホームに降り立っていきます。電車とホームと海と空しかない空間。ホー...

続きを読む

0096 国道駅

大都市横浜と川崎に、とあるローカル線が走っています。その名もJR鶴見線。朝夕以外は日中1時間に2・3本しか走っていません。鶴見を起点に扇町が終点で、途中海芝浦、大川に至る分岐もある路線です。主に工場地帯に通っておりそれぞれの工場へ通勤または、貨物輸送の路線となっています。鶴見駅では、同じJRにも関わらず構内に中間改札があります。鶴見以外の駅は全て無人駅のようです。それでは鶴見から出発です!車内はまばら...

続きを読む

0094 横浜国際総合競技場

『横浜国際総合競技場』というと聞き慣れない名称ですが、『日産スタジアム』と言われればなんとなくわかるはず。横浜F・マリノスの本拠地であります。敵地です。そしてそのマリノスの親会社、やっちゃった日産のネーミングライツがされています。オリンピックをはじめ国際大会では、大会スポンサー以外の商標は使用できないので、タイトルの名称になるわけです。マリノスもスタジアムも親会社の大失態にどうなっていくのでしょう...

続きを読む

0090 横浜中華街

やってまいりました横浜。なかなかこのブログでは薄い横浜ですが、親戚や友達が住んでいることもあり、僕には縁がある都市です。毎年5・6回は訪れているかな。横浜は大都会のイメージを持ちがちですが、広いですから山や田舎までいろいろある街です。浜松ほどの落差はないですが…というわけで今回は、べったべたな観光地『横浜中華街』です。中華街はベイエリアにあり、他の観光地とセットにしやすいです。『元町』や『山手』、...

続きを読む

0082 湘南台文化センター

前回までの静岡横断編で、神奈川県はいつでも行けると言いながら全然行ってなかったということで今回は神奈川県からお送りします!湘南という地域に属する藤沢市には江ノ島や鵠沼(くげぬま)など魅力的な観光地があります。でも今回はもっと陸の方。湘南台にある『湘南台文化センター』です。湘南台駅は3線が乗り入れていて、新宿や町田、藤沢からは小田急江ノ島線。横浜からは相鉄いづみ野線。関内や上大岡、戸塚からは横浜市営...

続きを読む

029 猿島

おもむろに文明が自然に呑み込まれていく風景が、見たくなることはありませんか?そんな気分になった僕が向かった先は横須賀でした。 海軍の街、横須賀です。京急の横須賀中央駅から海に向かったところに三笠公園というところがあります。この三笠公園には戦艦『三笠』が保存されていて、内部を見学することができます。その三笠公園の端にチケット売り場があり、チケット購入後に桟橋の列に並ぶと10分程で船が来ました。ここから...

続きを読む

プロフィール

03

Author:03
きままに全国を巡っています。いつか旅人になるのが夢です。旅の成分として、酒、観光地、建築、美術、食は地のもの、観覧車、神社仏閣、繁華街、色街、温泉あたりが多めです。
移動手段は、車、電車、飛行機、徒歩等何でもつかいます。1人の時もあればみんなで行く時もあります。
散歩の域から長期旅行まで幅広く書いています。

みなさんの旅の指針になったり、街歩き、引越しの目安になったら幸いです。
独断と偏見を交えて書いていますので、思い込みや御門違いなところはご了承下さい。

クリックしてもらえると喜びます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
1563位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
606位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログ