FC2ブログ

記事一覧

0102 道の駅・川の駅 水の郷さわら

最近神社系が続いたのでここらあたりでひと休み。香取神宮に行ったので、『道の駅・川の駅 水の郷(さと)さわら』で休憩することにしました。2010年に開業した道の駅であり、そして川の駅でもあります。敷地内で道の駅と川の駅の建物が分かれて建っています。道の駅は、旅人御用達のよく知られている存在になりましたが、川の駅とは……佐原の場合だと、水上交通の結節点としての役割、つまり船着き場ですね。それにあわせて観光船...

続きを読む

0101 香取神宮

鹿島神宮と一対にあたる神宮が利根川をはさんだ千葉県にあります。鹿島神宮へ訪れたなら併せて行きたい東関東の大定番スポット、それが『香取神宮』です。平安時代の書物、延喜式によると伊勢・鹿島そして香取のみが神宮の称号を与えられていました。鹿島の武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)と香取の御祭神、経津主大神(ふつぬしのおおかみ)は日本神話の中で共闘した仲間であり、よきパートナー、バディ、相棒ということにな...

続きを読む

0100 鹿島神宮

100カ所目はブログを始めた時からここって決めていました!『鹿島神宮(かしまじんぐう)』です!!僕は鹿島神宮の氏子(うじこ)なのです!ここまで純粋?に育ってこれたのも鹿島の神のおかげです。しかも平安時代の記録(延喜式)には、神宮とされたのは伊勢と香取、そして鹿島のみだったのです。そんなすごい神宮だったのか鹿島。氏子の僕もびっくりです。もちろん常陸国一宮です。そして全国の鹿島神社の総本山でもあります。...

続きを読む

0099 銭洗弁財天宇賀福神社

舞台は鎌倉駅西口に移ります。今回鎌倉へきた目的、それは銭洗い。本物の現金を水で洗うと、何倍にも返ってくる。そんな伝説を完全に信じきった僕は『銭洗弁財天宇賀福神社』へ向かうのです。いや、向かわなければならない。僕の財務状況はいつでも破綻寸前なのです。これは神にでもすがらなければ……鎌倉駅西口から徒歩約18分。銭洗弁天まで歩きだと若干遠いですが、タクシー以外の行き方はないです。あえてバスに乗るとすれば、税...

続きを読む

0098 鶴岡八幡宮

いざ鎌倉!というわけで日帰りで鎌倉に行ってきました。鎌倉・江ノ島には毎年1回は行っています。なんといってもぷち旅行するには、もってこいの地域ですからね。僕の中では、1日休みがあって特に行きたい所がない…なんてときには行きがちになるのが鎌倉です。品川から約50分で鎌倉まで行けますから、弾丸で行くにはもってこいの場所です。上野・東京ラインを利用する場合は、戸塚駅で横須賀線に乗換えが便利です。というわけで...

続きを読む

0097 海芝浦駅

超昭和の駅『国道駅』を後にした我々は次の目的地へと進むのです。むしろこっちが今回のメインであります。鶴見線の終着駅の一つ、『海芝浦駅』です。途中三角形のホームを持つ浅野駅で分岐をする鶴見線。運河沿いに走っていきます。新芝浦駅を経て、ついに終着駅である海芝浦駅に到着しました。海。扉が開くとそこは海だった。わりと多くの客がいましたが、皆ホームに降り立っていきます。電車とホームと海と空しかない空間。ホー...

続きを読む

プロフィール

03

Author:03
きままに全国を巡っています。いつか旅人になるのが夢です。旅の成分として、酒、観光地、建築、美術、食は地のもの、観覧車、神社仏閣、繁華街、色街、温泉あたりが多めです。
移動手段は、車、電車、飛行機、徒歩等何でもつかいます。1人の時もあればみんなで行く時もあります。
散歩の域から長期旅行まで幅広く書いています。

みなさんの旅の指針になったり、街歩き、引越しの目安になったら幸いです。
独断と偏見を交えて書いていますので、思い込みや御門違いなところはご了承下さい。

クリックしてもらえると喜びます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
1563位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
606位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログ