FC2ブログ

記事一覧

0131 江島神社

東京人が、今日暇だからどこか行くか。という時に候補に必ず上がってくるだろう所と言えば?


そりゃあもちろん『江の島』でしょう。

だって新宿から1時間ちょっとで行けるのですよ。

海と言えば江の島くらい、東京に住む者にとってはあたりまえなのです。いわゆる湘南ですね。

サザンも言ってます。「江の島が見えてきた。」ってね。


DSC04149.jpg


というわけでやってきたのは『片瀬江ノ島駅』です。

江の島は小田急で。
小田急の回し者ではないですが、新宿より西に住む者か、常磐線・千代田線ユーザーにとっては小田急線便利です。

小田急線は『小田原』や『箱根』に行くものというイメージが強いですが、江の島にも行けちゃうわけですよ。本数は少ないながら、片瀬江ノ島行きの特急ロマンスカーも走っています。

また、江の島・鎌倉に使えるお得な切符もありますのでチェックしてみてください。



唐木田?


そんな話は知らん。



片瀬江ノ島駅は竜宮城を模しています。
建築的には簡素ですが、それでもこの駅舎を見ると江の島に来た感がひしひしと込み上げてきます。


江の島には、小田急、江ノ電、モノレールと3線の駅がありますが、島に一番近いのは小田急なんですよね。



DSC04151.jpg


それでは早速江の島に渡りましょうか。

江の島は陸続きにも見えますが、ちゃんと島で、橋一本で繋がっています。この橋めっちゃ長く感じます。600mくらいありまして、しかもかなり混み合います。


バスもありますが、慢性的に渋滞しているので、あまりおすすめはしません。

車で江の島?
そんな時代が僕にもありました。
江の島周辺はどこも道路が渋滞するので絶対におすすめしません。

夏に車で行って、結局到着できず海すら見れなかった。なんてこともありました。

徒歩で江ノ島大橋を渡ると、すごく晴れた日なんかは最高なんで是非歩いてみてください。
ただし食べ歩きは注意してください。この周辺はトンビが狙っています。


DSC04154.jpg


江ノ島大橋を渡りきると、すぐ商店街が広がっています。

どこのお店も本当に混みますから、食事は時間に余裕をもっていきたいですね。あとは結構時間をずらすかですね。



商店街の入り口には鳥居があります。

レジャーの島と思いがちですが、江の島には『江島神社』という立派な神社があるのですよ。
本堂が3つある神社ですので、今回は全部回ってみようと思います!

さらに折角なので今回は江の島の奥の奥、裏側まで行ってみようと思います!



先ずは江の島一賑わっている参道をずんずん登っていきます。

参道の商店街が終わると、ここで江の島超絶ワープ乗り物『エスカー』の登場です。

エスカーとはお金を払って乗る、上りエスカレーターのことです。それ以下でも以上でもありません。
今回は頂上まで行きますので3区分のチケットを購入して乗り込みます。


DSC04157.jpg


感想は……

古いエスカレーターです。

現場からは以上です……


DSC04158.jpg


辺津宮(へつみや)へたどり着きました。

1675年に再建された権現造の社殿です。御祭神は田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)です。

提灯に描かれている社紋は、北条家の家紋の「三枚の鱗」という伝説にちなんでるそうです。
あのトライフォースは鱗だったのですね。


しっかりとお参りを済ませて、さあ戻ってたこせんでも食おうか……

なんてとんでもない。ここはまだ江の島の序章にすぎないのですから。


DSC04163.jpg


またエスカーに乗って、続いては中津宮(なかつみや)です。朱色がまぶしいですね。

1689年に徳川綱吉によって再建された、権現造の社殿です。1996年に改修が行われて今の姿となっています。

御祭神は市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)です。

ここでもしっかりとお参りを済ませて、3区目のエスカーに乗り込みます。



今度はエスカーを降りてすぐ奥津宮(おくつみや)とはいきません。

しばらく歩きます。

江の島の頂上には『サムエル・コッキング苑』や『シーキャンドル』がありますが、それらを尻目にひたすら進みます。

山の上のほうにもちらほら食堂があって、麓の商店街よりは空いている気がします。トンビが近くを飛ぶ姿も見れたりします。
このあたりまで来ると観光客も減ってきます。


DSC04168.jpg


やっとのことで奥津宮に到着ー。

元は本宮と呼ばれ、壮麗を極めていたようですが焼失してしまい、1842年に再建された入母屋造の社殿になっています。

御祭神は多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)です。


もうお分かりだと思いますが、3柱の御祭神は福岡の『宗像大社』と同じなんですよね。社の呼び方も似ています。

ちなみに『厳島神社』も同じ神様で、海や水に関する御利益があるそうです。



ふらっと江の島来て、食べ歩きして、お参りして、山を登る。
最高の休日ですねー。

次回はさらに江の島の裏側までいきます!




所在地/神奈川県藤沢市江の島2-3-8
参拝時間/自由(受付は8:30~17:00)
所要時間/30~60分
観光度/★★★★☆
ぶらり度/★★★★☆
アクセス度/★★★☆☆



★★★今夜の眠り猫視眈々★★★

春は事故に注意。

僕も先日、乗っている車に横から追突され横転、怪我してしまいました。
命に別状はありませんが、しばらく旅には出られないかもなあ……とほほ。

旅の相棒も突然の別れが来てしまいました。悲しみ。







このたびもまた、支援ポチお待ちいたしております!いつも励みになります!ランキングがあがります!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村





































スポンサーサイト



コメント

おはようございます

事故に遭われたそうで大変でしたね
横転するほどの大事故でお怪我もなさったとのこと、お体は大丈夫ですか?
愛車との突然のお別れも悲しいですね
とうぞお大事になさってください

江ノ島の記事、大変詳しく書いてあり実際に行った気分になりました
実はままだ江ノ島に行ったことがないので、大変参考になりました

Re: おはようございます

体はムチウチとか打撲とか擦り傷が痛々しいですが、後遺症とかにはならなそうです。
事故はほんとにいろいろ面倒なので、気をつけて下さいね。
春は事故率あがるらしいですよ。

ぬぱぱさんが江の島行ったことないとは意外でした。
子供からお年寄りまで楽しめる島だとおもうので、鎌倉とセットで楽しむのがいいですよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

03

Author:03
きままに全国を巡っています。いつか旅人になるのが夢です。旅の成分として、酒、観光地、建築、美術、食は地のもの、観覧車、神社仏閣、繁華街、色街、温泉あたりが多めです。
移動手段は、車、電車、飛行機、徒歩等何でもつかいます。1人の時もあればみんなで行く時もあります。
散歩の域から長期旅行まで幅広く書いています。

みなさんの旅の指針になったり、街歩き、引越しの目安になったら幸いです。
独断と偏見を交えて書いていますので、思い込みや御門違いなところはご了承下さい。

クリックしてもらえると喜びます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
1563位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
606位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログ