FC2ブログ

記事一覧

0132 江の島岩屋

DSC04170.jpg


『奥津宮』から先は、急な階段を下りていくことになります。
このあたりにも飲食店が数軒あります。

海鳴りを聴きながら階段を下りると、そこは険しい岩が切り立った崖の下にでます。

江の島の北側みたいな穏やかな波ではなく、バシャバシャと岩にぶつかり狂う波です。
磯になっているので磯遊びしてる人も多数いました。


DSC04171.jpg


この先は弧を描くように歩道が整備されており、その終点に『江の島岩屋』の入り口があります。

入り口で入場料を払って、洞窟探検といきましょうか。


DSC04189.jpg




そもそも岩屋とは波の浸食によって削られた洞窟で、2つの岩屋があります。
第1岩屋は奥行き152m、第2岩屋は奥行き56mとなっています。

1971年に崩落の危険性などから閉鎖されていましたが、1993年に施設を整備して入洞が再開されました。


ところが2017年の台風の被害を受け一時閉鎖する事態にまでなりました。

2019年3月に大規模工事を行いましたが、今後も復旧工事のため閉洞することがあるそうなので行かれる前に確認をおすすめします。


DSC04172.jpg


いざ入~洞~。

中に入るといきなり第1岩屋ではなく、人工的に掘られた横穴を進みます。
ここでは、浮世絵や古地図などの資料が展示してあり岩屋の歴史を学ぶ洞窟になっています。

過去には弘法大師や日蓮上人が修行をしていたこともあったようです。

また、源頼朝が戦勝祈願をしたという逸話も残っています。

古くから信仰の場所だったようですね。



すぐに水が溜まった広い洞窟に出ますが、ここが第1岩屋です。

このあたりは天井が高いのですが、安全上内部に屋根が付けられています。


今回は光のある方に出て、第2岩屋の方から進みました。


DSC04178.jpg


実は江の島には龍がいるんですよ。


第2岩屋に入ると龍の声が轟いております。


江の島には龍神の伝説もあって、第2岩屋の一番奥には龍の像がいます。

この龍の像ですが、太鼓を2回叩くと運が良ければ2回閃光が走って鳴き声も轟くというお楽しみ。


DSC04177.jpg


ですが先の台風により被害を受けたようで撤去されてしまいました。
現在ではリニューアルした龍がいるようですが、かなり風貌が強めに変わったみたいです。

太鼓の仕掛けも引き継がれたかは不明ですが、あれはなかなか面白い仕掛けだったかなと。


第2岩屋から第1岩屋に戻ります。
この間は外の磯の横を通って行きますが、海の中に亀の形をした岩があります。

しかし今回は見落としてしまいました。

なんだか龍とか亀とかいかにも縁起がいい感じ。



DSC04181.jpg


第1岩屋では奥に進むため、なんと蝋燭が渡されます(混雑時は無いときもあるそうです)。

照明もところどころに付いてはいますが、蝋燭片手に洞窟探検なんて風情があります。

こちらの岩屋は仏像が沢山あって、人がいないと大人でもちょっと恐いです。


足元注意ですが、場所によっては頭上も注意。しかも蝋燭も持っているから手元も注意というね……



途中で左右に分かれる所があります。
右に進むと、石仏や祠があります。

左に進むと、日蓮上人の寝姿石があって、その先は柵があって行けません。

奥からは冷たい風が吹くのですが、この奥は富士山です。


富士山。


そう、富士山。


いやほんとに……


正確には富士山の鳴沢氷穴に繋がっているらしいです。
正確にはと言いましたが、正確にはわからないです。

それはこの先に進んだ者にしかわからない……




謎の洞窟、江の島岩屋。

古より信仰され、神秘的な場所です(龍の像は完全にアミューズメント)。

江の島の裏側にあり、実は行ったことない人が結構多いと思います。そんな奥に洞窟があるなんて知っている人の方が少ないかも。

江の島を楽しみ尽くしたいあなたは是非、岩屋まで足を運んでみてはどうでしょうか。





所在地/神奈川県藤沢市江の島2-5
参拝時間/9:00~18:00(季節により変動あり、また高波等の悪天候時は閉洞)
入場料/おとな500円
所要時間/30~45分
観光度/★★★☆☆
ぶらり度/★★★☆☆
アクセス度/★★☆☆☆



★★★今夜の眠り猫視眈々★★★

「令和」になりましたね~。

もうすぐ令和元年が始まるのかと思うと、平成元年生まれの僕としては感慨深いものがあります。






このたびもまた、支援ポチお待ちいたしております!いつも励みになります!ランキングがあがります!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村





































スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

03

Author:03
きままに全国を巡っています。いつか旅人になるのが夢です。旅の成分として、酒、観光地、建築、美術、食は地のもの、観覧車、神社仏閣、繁華街、色街、温泉あたりが多めです。
移動手段は、車、電車、飛行機、徒歩等何でもつかいます。1人の時もあればみんなで行く時もあります。
散歩の域から長期旅行まで幅広く書いています。

みなさんの旅の指針になったり、街歩き、引越しの目安になったら幸いです。
独断と偏見を交えて書いていますので、思い込みや御門違いなところはご了承下さい。

クリックしてもらえると喜びます!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
1563位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
606位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログ